当サイトおすすめの介護派遣会社をランキング形式でご紹介します

介護でわっしょい

介護求人に強いオススメ転職サイト比較ランキング

介護士にとって、ブラックな職場環境やストレスのかかる人間関係ほどツライものはありません。
しかし、その苦しみから早く逃れたいがために、ネットや求人誌などで安易に転職先を決めてしまってないでしょうか。

確かに、慢性的な人出不足の介護業界にとって、唯一の救いは完全な売り手市場であり、転職先に困らないことですよね。
しかし、現状の不満や不安を解消する目的で転職するのに、きちんと転職先を調査せずに行動するのは、本末転倒です。

転職先の施設情報などは、一人で収集するよりも、高い実績のある大手の転職サイトへ登録して、キャリアコンサルタントのサポートを受ける方が効率が良いんです。
ここでは、介護士が理想の転職を成功させるために、評判や口コミ評価の高い、当サイトオススメの介護転職サイトランキングを作成いたしました!

1位.スマイルSUPPORT介護

公式サイトを見る ↓

介護・福祉事業を多角的に展開している大手HITOWAキャリアサポートが運営する転職サイト「スマイルサポート介護」は、介護業界最大級の転職サイトです。

スマイルSUPPORT介護では、首都圏・関東・関西・東海・九州エリアで豊富な求人を紹介しており、自社運営施設の求人案件を紹介可能です。
中でも、首都圏エリアである東京や神奈川では、他社を圧倒する求人シェア率を占めているため、登録すべきですね。

スマイルSUPPORT介護のキャリアコンサルタントは、特養や老健、デイサービス等の施設の内情に精通しているのが特徴です。
求人の雇用形態は、正社員から派遣や紹介予定派遣、パート・アルバイトまで幅広いニーズに応えてもらえます。

介護で転職を検討しているなら、口コミ評判の高い「スマイルサポート介護」はまず登録しておきたいところですね。

公式サイトを見る ↓

オススメ度
対象地域
  • 首都圏…東京/神奈川/千葉/埼玉/
  • 関西…大阪/京都/兵庫/奈良/和歌山/滋賀/
  • 関東…茨城/栃木/群馬/
  • 東海…愛知/静岡/三重/岐阜/
  • 九州…福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/
  • 北海道東北…北海道/
公開求人数 約90,000件以上

公式サイトを見る ↓

2位.かいご畑

公式サイトを見る ↓

ニッソーネットが運営する介護転職サイト「かいご畑」は、厚生労働大臣から優良派遣事業者の認定を受けており、その高い実績から各介護施設からの評価も高いです。
「かいご畑」の主な利用エリアは、関東・関西・福岡に事業所があり、約10,000件以上の豊富な求人を取り扱っているため、まず登録しておきたい転職サイトといえるでしょう。

「かいご畑」に登録すると、介護資格が0円で取得できる「キャリアアップ応援制度」が利用できるため、無資格者や未経験からでも働きながらスキルアップができます。
もちろん、介護職経験者にとっても、最上級資格である「介護福祉士」まで、一気にキャリアアップが目指せる環境が整ってると言えますね。

「かいご畑」の登録手順は、公式ホームページから「住所」「氏名」「電話番号」を入力するだけで完了。
その後、担当から電話がかかってきて、電話でカウンセリングを受けるか、または来社する流れになります。

公式サイトを見る ↓

オススメ度
対象地域
  • 首都圏…東京/神奈川/千葉/埼玉/
  • 関西…大阪/京都/兵庫/奈良/和歌山/滋賀/
  • 関東…茨城/栃木/群馬/
  • 東海…愛知/静岡/三重/岐阜/
  • 九州…福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/
  • 北海道東北…北海道/
公開求人数 約10,000件以上

公式サイトを見る ↓

3位.きらケア介護

公式サイトを見る ↓

「きらケア介護」は、レバレジーズキャリアが運営する、介護業界に特化した転職サイトです。
厚生労働大臣から優良派遣事業者の認定を受けている高い実績があります。

「きらケア介護」は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県、愛知県・大阪府・福岡県と地域限定のサポートですが、首都圏の求人紹介が得意です。

人材派遣事業も好調な「きらケア介護」のキャリアコンサルタントは、派遣事業によって介護業界内部まで精通しているため、雇用環境の良好な求人紹介をしてもらえるメリットがあります。

「きらケア介護」なら、月収25万円以上で働くのも夢ではありません。

公式サイトを見る ↓

オススメ度
対象地域
  • 首都圏…東京/神奈川/千葉/埼玉/
  • 関西…大阪
  • 東海…愛知
  • 九州…福岡
公開求人数 約20,000件以上

公式サイトを見る ↓

4位.マイナビ介護職

公式サイトを見る ↓

転職やバイト求人などで有名なマイナビが手掛ける「マイナビ介護職」は、介護・福祉専門の転職サイトです。
転職サポート対象エリアは、首都圏や関西圏、岐阜・静岡・愛知などを中心に多くの好条件求人を取り扱っているため、登録可能な方は一度チェックして見てください。

マイナビに在籍する経験豊富なキャリアコンサルタントにより、電話やメール(または個人面談)によるヒアリングから求人紹介、面接から採用後のサポートまで、すべて無料でサポートを受けることができます。

大手マイナビならではのネットワークと情報収集力によって、これまで紹介してもらえなかった大手企業の施設求人に転職できるチャンスが生まれます。

公式サイトを見る ↓

オススメ度
対象地域
  • 首都圏…東京・神奈川・千葉・埼玉
  • 関西…大阪・京都・兵庫
  • 関東…群馬・栃木・茨城
  • 東海…愛知・静岡・岐阜
公開求人数 約25,000件以上

公式サイトを見る ↓

5位.カイゴジョブ

公式サイトを見る ↓

「カイゴジョブ」は、東証一部上場の大手エス・エム・エスが運営する介護系の転職サイトです。

「カイゴジョブ」では、日本の介護職に勤める30%を占める60万人以上の登録者と、35,000件以上の求人を取り扱っており、ハローワーク求人も一緒に掲載・検索可能なので、全国どこでも利用可能なのがメリットです。

「カイゴジョブ」は専任のキャリアコンサルタントが在籍しているものの、自分で求人応募から面接まで進められる案件も多数あるため、しつこい電話やメールによる求人紹介にウンザリしている方にオススメですね。

併設校である「カイゴジョブアカデミー」の特待生制度は、テキスト代および受講料まで無料になる上に、転職活動まで介護業界専門のコンサルタントがしっかりサポートしてくれるため、介護職初心者でも、安心して登録利用できますよ。

「カイゴジョブ」では、全国各地で企業法人と求職者が無料参加できるイベント、「カイゴジョブフェスタ」を定期的に開催しています。
「介護士について、何も分からないので、まず話を聞いてみたい」「子育て中なので、本当に介護士が務まるのか不安」といった相談が可能です。

公式サイトを見る ↓

オススメ度
対象地域 日本全国
公開求人数 約35,000件以上

公式サイトを見る ↓

介護職とは

介護職とは、主に以下の3つの働き方があります。

  • 特養や老健などの入所型介護施設のスタッフ
  • デイサービスなどの通所型介護施設のスタッフ
  • 有料老人ホームや在宅で暮らす利用者を対象とした訪問系スタッフ

基本的に、訪問するお仕事は介護資格を必要とする求人が多く、入所や通所型施設の求人に関しては、無資格でも勤務できるケースが多く、働きながら資格取得ができる制度が充実している転職サイトもあります。

介護業界の転職事情

日本では、転職というと30代を超えてくると市場価値は下がっていく傾向にあるため、給料額を含めた就業条件は転職先で下がってしまうケースは珍しくありません。
しかし、介護業界は別です。つねに人出不足であり、介護福祉士やケアマネージャーなど、介護の上位資格を取得しつつ、業務経験やスキルも身につけていくことで、転職先でも高い評価を得られる可能性は大です。

転職エージェントと求人サイトは何か違うの?

ネットで転職情報を収集していると、「転職エージェント」「転職コンサルタント」や「求人サイト」など、様々な名称があるので、混乱されている方も多いのではないでしょうか?
実は、「転職エージェント」と「求人サイト」は、以下の違いしかありません。

  • 転職エージェント…エージェントに転職の相談ができるサービス。
  • 求人サイト…求人データを閲覧できるサイト。代表サイト:Indeed(インディード)

まず、「転職エージェント」は、求人紹介から提出書類の添削、面接への同行や就業条件面の交渉代行など、すべて無料でサービスを受けられるメリットがあります。
対して、求人紹介などを目的とした過度な連絡、自分のペースで転職活動を進めにくいのがデメリットですね。

次に、「求人サイト」は、ネット上の求人データの閲覧や応募、また希望条件の登録をして募集企業からのスカウトを受けられるなどのメリットがあります。
対して、求人の転職先企業の情報があまり得られないなどはデメリットです。

「転職エージェント」「求人サイト」は、どちらも一長一短ありますが、転職活動を有利に進めたいなら、転職先の施設情報を深く知り尽くした転職エージェントのサポートを受けるべきです。
「求人サイト」は、気軽にネットで利用はできますが、給料やシフトなどの条件面で、実際に応募してみたら全然条件が違ったなどといったトラブルも起きやすいです。

介護転職サイトの選び方

これから介護転職サイトを上手に選ぶためには、以下のポイントをしっかり押さえてください。

  1. 最低でも2~3社の転職サイトに登録する
  2. 転職サイトへ登録するタイミングは早いほど吉

最低でも2~3社の転職サイトに登録する

本記事で紹介している実績ある大手転職サイトであれば、実力のあるエージェントのサポートを受けられるハズですが、人間同士の付き合いである以上、どうしても相性というものが存在します。
担当のエージェントとやり取りしてみて、「この前話した内容が伝わってないな」「転職先との交渉がどうもうまくいってない」など、不具合や苛立ちを感じるようなら、以下の対応をする必要があります。

  1. 転職サイトを運営する企業へ担当替えを依頼する
  2. 他の転職サイトを利用してみる

転職エージェントの変更を申請するのは、実はそれほど珍しいことではなく、遠慮することはありません。
必要であれば、電話やメールなどで、依頼してみましょう。

ただし、もっとカンタンな対処法としては、他社の転職サイトを利用することでしょう。
転職サイトは、何社登録を申し込んでも費用はかからないので、複数社に登録を申し込んでください。

転職サイトへ登録するタイミングは早いほど吉

転職活動をする方は、「失業状態」「現在働いていて、転職を検討中」「現在働いていて、退職を決意している」の3パターンですよね。

「失業状態」なら、早めに再就職した方が良いですから、すぐに転職サイトへ登録しましょう。
問題は、転職を検討していたり、退職を決意しているけど、まだ転職先が決まらない求職者です。

結論から言うと、現在働いている介護士の方も、早めに登録をオススメします。
なぜなら、転職サイトサービスは、失業状態の求職者を対象としているハローワークと違い、転職の相談窓口としても無料で利用ができるからです。

転職サイトに登録したからといって、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえる保証もないので、その意味でも早めに転職サイトに登録した方が良いです。

介護転職サイトを利用するメリット

介護転職サイトを利用するメリットは、主に以下が挙げられます。

  1. 転職サイトのサポートはすべて無料
  2. 転職エージェントへ転職相談や履歴書・職務経歴書の添削、面接の同席や条件面の交渉を代行してもらえる
  3. 非公開求人を紹介してもらえる
  4. 転職先の雰囲気や人間関係に精通している
  5. 現職場にバレずに転職先を探せる

転職サイトのサポートはすべて無料

転職サイトを運営する企業は、私たち求職者が紹介した先で就業が決まって初めて報酬を受け取れるビジネスモデルです。
つまり、無料でサポートを提供しても、転職さえ決まれば、十分な報酬が得られるので、求職者には費用の請求はされないということですね。

転職エージェントへ転職相談や履歴書・職務経歴書の添削、面接の同席や条件面の交渉を代行してもらえる

一人で転職活動となると、求人を選び、面接の申し込み、提出書類の作成から面接対策まで、様々な準備をすべてやらなければなりません。
転職サイトに登録することで、自分に合った求人探しや、書類選考を確実に突破するための添削指導、面接対策や就業条件の交渉まで、代行してもらえるので、大きなメリットといえます。

非公開求人を紹介してもらえる

転職サイトは、大抵は非公開求人が多数存在します。
その理由として、募集する企業側の採用コストを下げることが大きな要因です。

  • 好条件の求人なので、応募者に殺到されると選考に時間が掛かる
  • 採用基準を満たした人材のみ、面接を実施したい

採用側としても、上記の事情を抱えているケースがあるため、転職サイトへ非公開の求人案件が集約されるわけです。

転職先の雰囲気や人間関係に精通している

広告求人にも、条件面は掲載されているものの、実際話を聞いたら内容が全然違った…こんなトラブルは、転職活動でとても多いですよね。
転職サイトのエージェントは、介護施設内の雰囲気や人間関係に詳しいので、転職成功させる確率がアップします。

現職場にバレずに転職先を探せる

現在働いていて、転職を希望する介護士の多くは、堂々と転職活動ができず、やりにくさを感じているでしょう。
周りには、ブラックな環境で頑張る仲間がいれば、大っぴらにできないですよね。

転職サイトを利用すれば、就業時間中に電話をかけないなど、現職場に悪影響が出ないようバレずに求人を探してもらえるメリットがあります。

介護転職サイトを利用するデメリット

介護転職サイトを利用するデメリットは、主に以下が挙げられます。

  1. 継続的に仕事紹介がくるので、転職を検討していないときは少々面倒
  2. 利用するエリアによっては、求人紹介が十分にされないことも

まず「1.」は、転職サイトに登録すると、継続してお仕事紹介をしてもらえるのはメリットである一方、転職先が決まったり、結婚などで就業を検討していないときなども、電話やメールなどで勧誘を受けるのがデメリットです。
しかし、大抵の大手転職サイトは、登録情報の抹消を申し込める窓口があるため、対応は可能ですね。

次に「2.」は、都市部以外の地方の方などが該当します。
せっかく転職サイトに登録しても、自分の住むエリアに求人があまりなければ、紹介も当然されません。

介護士が転職先で年収アップを実現するためには?

すでに現役の介護士として働いている方の中には、年収アップを希望するケースが多いと思います。

介護職の給料は、介護保険によって捻出されている構造上、好条件の求人を探すだけでなく、以下の働き方を検討する必要もあります。

  1. 介護福祉士やケアマネージャーなどの上位資格を取得する
  2. 夜勤による手取りアップ
  3. 加算が多く地域住民から支持されている介護施設で働く

まず「1.」の介護資格に関しては、介護の給料アップで欠かせないのが資格手当。
介護保険内でサービス提供する介護職では、資格手当は他の職員と収入格差が生まれる数少ない項目の一つです。

次に、「2.」の夜勤ですが、逆に「夜勤がツラいから」と転職を検討される方も多いですよね。
夜勤なしの職場へ転職すれば、給料ダウンはほぼ避けられないでしょう。それほど、介護の夜勤手当は額が大きく、1~3万円と施設によって金額の差もおおきいです。

最後に、「3.」に関しては、介護士の賃金アップを実現させることを目的として導入された制度である介護職員処遇改善加算の点数が高い施設で働きましょうということです。
加算が多ければ、その分職員に還元しやすい環境ができていると言えますし、経営基盤も強固であるともいえます。

介護転職サイト、エージェントの評判・口コミは?実際に使ってみた方の体験談・感想

当サイトでは、介護の転職活動をする方にとって少しでも有益な情報を提供する目的で、クラウドワークスという仲介業者を通じて、過去または現在介護士としてご活躍されている方に、転職サイトに登録して、担当コンサルタントのサポートを受けた体験談をインタビューしました。
ここでは、その一部を掲載いたします。

  • 通常、一人で転職活動をしていると、面接などの場では前職を悪く言ったり批判するのはご法度ですが、ホンネを言えば、「本当は転職なんてしたくなかった!」っていう部分を、相談したい気持ちってありますよね。私はマイナビに登録したんですが、担当の方はそんな私の気持ちを汲み取ってくださり、何でも話せる空気を作れる優秀はエージェントさんだったと思います。
  • 「介護のお仕事」に登録しました。女性の担当だったのですが、とても感じの良い印象だったので、色々な話がすることができました。
  • 2~3つ求人に応募したものの、イマイチな反応だったときに、すぐに代替案を提案してもらえたので、スピーディーに転職活動が進みました。
  • 私、前職で腰を悪くしてしまって退職したのですが、グリーンストックで登録したときは、親身に相談に乗ってくれました。私の腰の状態を踏まえて、どんな職場、仕事内容なら勤まるのかを細かく分析してくれたので、とても心強かったです!
  • 私は「介護ワーク」というところに登録したのですが、担当は女性で、すごくトーク力がありましたね。最初からイキナリ本題に入るんじゃなく、まずは世間話から始めて、ようやく打ち解けてきたなーっていうタイミングで、本題に入るのが、スゴイなと思いました。

投稿日:7月 11, 2019 更新日:

Copyright© 介護でわっしょい , 2019 All Rights Reserved.